ここでは尺骨神経麻痺の治療について、薬物療法について詳しく説明していきます。

尺骨神経麻痺の治療において最も基本的な方法が薬物療法です。薬の服用と共に経過を見ながら治療を目指す保存療法と呼ばれます。保存療法の基本は「安静」です。およそほとんどの病気や怪我に言えることですが、安静にすることはかなり重要な治療法となります。人間には自分で自分を治すための自己治癒力というのが、少なからず備わっているのでそれを最大限に活かすためには体を休める必要があるのです。そして薬はそれを補助する役割と考えるべき存在なのです。


sponsored link




では尺骨神経麻痺で実際に処方される薬についてですが、まず基本となるのが痛み止めです。市販されているものにも含まれていますが、主にロキソニンとボルタレンなどの非ステロイド消炎鎮痛剤です。全身の痛みに対して効果があり、効果は人によって差はあるものの高い鎮痛作用があります。副作用として胃の不快感や腹痛、食欲不振や嘔吐などその他多くの副作用の可能性はありますので、違和感を感じた場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。

そしてメチコバールいう神経再生薬を処方することもあります。抗貧血作用の他に、体内でのタンパク質の利用を高め、神経組織を修復し感覚機能や運動機能の障害を改善する効果があります。耳鳴りや妊娠に伴う貧血時などによく使われている薬で有名です。

治療の流れとしては、基本的に薬物療法で治療を行い経過を見ながら、効果の上がらない場合においてはじめて手術を考慮することになります。やはり手術は出来るだけしないように、薬物療法のみで完治するに越したことはないということです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 外科手術

⇒ リハビリ

⇒ 効果的なツボ

⇒ 漢方薬



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
syakkotu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。