ここでは尺骨神経麻痺の治療について、外科手術について詳しく説明していきます。

尺骨神経麻痺の治療法として、外科手術を行う場合があります。ただし最初から手術を行うということは少なく、基本は症状とともに保存療法で経過を見ながら考慮していくことになります。骨折や脱臼などの大きな外傷や腫瘤や腫瘍がある場合は最初から手術を行うこともあります。


sponsored link




また、神経組織に著しく損傷が認められる場合も、神経剥離、神経縫合、神経移植などの手術を行うことがあります。

実際に行う手術として、尺骨管開放術という手術を行います。尺骨神経に対する圧迫を除去するために、神経の周囲を剥離し圧迫を解除する手術です。この手術は短い時間で出血も少ないので、通常は外来、局所麻酔で可能な手術です。
神経組織の回復が見込めない重症な場合は、残っている腱を繋ぎ合わせる腱移行術もしくは手首の腱を採取して移植する腱移植術という手術を行って、腱組織の再建を目指します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 薬物療法

⇒ リハビリ

⇒ 効果的なツボ

⇒ 漢方薬



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
syakkotu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。