ここでは尺骨の構造や役割について、詳しく説明していきます。

尺骨は肘関節を形成するのに重要な骨です。肘関節は上腕骨と橈骨と尺骨の3つの長い骨に軟骨が重なって出来ていて、曲げ伸ばしする際は主に上腕骨と尺骨とで行っています。肘の内側は肘窩(ちゅうか)と言う少しくぼんでいる場所があり、皮膚も薄く血管が浮き出ています。その為、静脈に注射を行う際に多々選択される場所でもあります。


sponsored link




肘の外側は分厚い皮膚に覆われていて、曲げると非常に硬く丈夫な場所です。肘の先を肘頭と呼びますが、この肘頭は尺骨の先端となります。肘は全身の関節の中でもトップクラスの強度があり、肘だけで全体重を支えることも可能なほど強固な関節です。
その強度から格闘技の場でも使用される機会が多く、ムエタイやプロレスの試合中でもよく見ることが出来ます。しかし逆に攻撃性が優れすぎていることから、肘を使った打撃を禁止するボクシングなどの例も数多く存在しています。

また手首側の尺骨の先端は、尺骨茎状突起と呼ばれています。同じ尺骨の一部なのでこちらも硬く丈夫ですが、当然打撃に向いているわけではありません。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 尺骨神経について

⇒ 尺骨神経麻痺とは

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
syakkotu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。